この研修コースは担当者の役割に応じて下記のようにカテゴリを分けています。各カテゴリにはお勧めの受講順序があります。 番号の順にステップアップしながらご受講いただくことで、SharePoint に関する体系立てた知識がしっかりと身に付きます。

SharePoint サイト管理者向けプログラム
SharePointサイトの管理者が学ぶべき、サイトの管理の基本タスクを身に付けられます。 アクセス権限の基本的な考え方と管理方法、ファイル管理、リスト管理などを実践できるようになります。
1 Microsoft SharePoint Server 2010 サイト管理基礎1 [OH-11-102]
サイト管理者が最低限把握しておくべきSharePointサイトのアーキテクチャーや専門用語、サイト作成の仕組みについて説明します。また、このコースでは、SharePoint Server 2010 に搭載される機能のうち最もよく利用される「文書管理」にフォーカスを絞り、基本的なファイル共有の方法などについて説明します。
Microsoft SharePoint Server 2010 サイト管理基礎2 [OH-11-103]
「Microsoft SharePoint Server 2010 サイト管理基礎1 」では詳細に説明しなかった、リストの基本的な概念や使い方について重点的に説明します。また、サイト管理者が行う一般的なサイトの管理タスクや アクセス権限管理の詳細について説明します。
3 SharePoint 2010 UI デザイン カスタマイズ入門 [OH-10-204]
SharePoint のUI カスタマイズにはHTML, CSSの基礎知識が必要です。SharePoint Designer 2010 を使う上でもこれらの知識が必須です。このコースでは、HTMLやCSSの基礎知識を学びながら、コンテンツ エディタ Web パーツとを併用したSharePoint Designer 2010の最も基本的な使い方を学習します。
4 SharePoint Server 2010 ワークフロー開発基礎T [OH-12-203]
SharePoint Server 2010 のワークフロー機能の基本を理解したうえで、SharePoint Designer 2010 を用いた基本的なワークフロー開発が行えるようになります。
オプション研修として、InfoPath 2010 を使用した電子フォーム開発者の向けの下記の研修もご用意しています。 Notesからの移行をされる方で、Notesフォームと同じようなフォームを開発する予定の方は、ぜひご受講ください。
A Microsoft InfoPath 2010 による実践的な電子フォーム開発 [OH-10-202]
InfoPath 2010 を使用したフォーム開発に必要な基礎知識を整理したうえで、様々なタイプのフォームを作成しながら実践的なフォーム開発スキルを習得できます。
Topに戻る
SharePoint サーバー管理者向け研修プログラム

SharePoint サーバーの管理者の方に最適な研修コースです。SharePoint サーバーの内部動作の仕組みなどを学習できます。

1 Microsoft SharePoint Server 2010 インストールと構成 [OH-10-100]
SharePoint Server 2010 サーバーファームの導入・構成に必要な基礎知識を習得できます。設計に必要な基礎知識から、インストール、初期設定までを、 実際の導入経験に基づいて説明しますので、実践的な内容となっています。
2 Microsoft SharePoint Server 2010 サーバーと周辺技術の基礎 [OH-10-101]
SharePoint Server 2010 の基盤となるActive Directoryベースの認証や Internet Information Services 7.0/7.5 の基本構造、SQL Server の管理について、それぞれ SharePoint と絡めて説明することで SharePoint 内部の動作原理を学習できます。
Topに戻る
SharePointソリューション開発者向け研修ブログラム

SharePoint上でのソリューション開発を行う.NET開発者の方向けの研修プログラムの一覧です。

1 Microsoft SharePoint Server 2010 ソリューション開発基礎Ⅰ [OH-10-200]
SharePoint ソリューション開発の際に必要となる基礎技術について説明します。開発者の方が混乱しやすい SharePoint 用語についても、デモンストレーションを含め理論立てて解説していきます。また、豊富なコード サンプルを用いながら最も重要なAPIを提供する「サーバーサイド オブジェクト モデル」を使った基本的なサイトの操作方法をきちんと身に着けることで、実践開発への即戦力を培います。
2 Microsoft SharePoint Server 2010 ソリューション開発基礎Ⅱ [OH-11-201]
「Microsoft SharePoint ソリューション開発基礎T」では触れなかった、Webパーツ開発の基礎から応用的な開発手法、クライアント オブジェクト モデル の利用方法、Silverlight Webパーツ開発、イベント レシーバー、カスタム タイマージョブの開発方法について説明します。
2 Microsoft SharePoint Server 2010 ワークフロー開発基礎Ⅱ [OH-11-201]
Visual Studio 2010 を使ったシンプルな承認ワークフローの開発手法について説明します。
上記以外にも、いきなりVisual Studioによる開発はハードルが高いという方には JavaScript を使ったカスタマイズを行うための 入門者向けコースもご用意しています
A JavaScriptを使ったSharePointサイトのカスタマイズ入門 [OH-12-205]
SharePoint 2010 ではJavaScriptからSharePoint APIにアクセスできるようになっています。 SharePointサイトのカスタマイズを行う場合、SharePointの標準機能+アルファとして JavaScripによるカスタマイズ方法を知っておくと、ユーザーの利便性を向上させ、利活用を促進できます。 このコースでは JavaScriptの初心者でも取り組みやすいよう、 体系的な学習に加え、実践的な演習を行って即戦力を身に付けられます。
開発者向けの MCP 試験資格取得対策講座もご用意しています。
EX1 MCP 70-573 Microsoft SharePoint 2010, Application Development 試験対策講座 [OH-12-801]
MCP試験 70-573 「Microsoft Microsoft SharePoint 2010, Application Developement」に合格するための 知識を短期間で習得するための特別講座です。
Topに戻る