コースID : OH-O365-206

Office 365 ユーザーのための検索基礎

最終更新日 :

Office 365 は情報共有のシステムであり、実にさまざまな情報が蓄積されていきます。 たとえば、Microsoft Teams 内の会話だったり、OneDrive for Business や SharePoint 内に共有されたファイルだったり。 こうした情報は組織の資産でありシステムが活用されればされるほど「素早く探し出せること」がとても重要になってきます。

Office 365 検索基礎

本研修では Office 365 上で提供されている検索機能を学び、情報伝達の効率UPを目指します。 まず最初に取り上げるのがSharePointおよびOneDrive for Businessです。ここではサイト、ファイル、リスト、ページ、ひとなどの 細かい検索指定が可能であり、内部的な仕組みから応用的な使い方まで解説します。

コミュニケーションツールとしては Microsoft Teams, Yammer, Outlook がありますが、検索機能の特徴と あとから情報を参照しやすくするための利用上の工夫の仕方などを説明します。

2019年春に万を持して登場したのが Microsoft Search です。Office 365 全体の横断的な検索を 目指す包括的なシステムです。この仕組みの特徴と使い方を説明します。

前提コース
ご参加いただく際の注意点

本研修にご参加頂くには「 SharePoint Online サイト管理基礎」をご受講済みか、 もしくは同等のスキルがあることが前提となりますのでご注意ください。

研修内容
  1. Office 365 での検索概要
  2. SharePoint および OneDrive での検索
    • 検索の仕組み(クロールなど)
    • キーワードクエリ検索
    • 管理プロパティ
    • コンテンツ検索とひとの検索
    • 検索機能の応用利用
    • [参考] 検索機能のカスタマイズ
  3. Microsoft Teams 内での検索
    • 検索機能
    • 探しやすくするための工夫
  4. Yammer 内での検索
    • 検索機能
    • 探しやすくするための工夫
  5. Outlook 内での検索
    • 検索機能
  6. Microsoft Search を使った全体検索
    • Microsoft Search の概要
    • Microsoft Search in Office
    • Microsoft Search in BING
    • Microsoft Search の設定および管理

※新機能の登場などにより、内容の一部は予告なく変更することもあります。あらかじめご了承ください。

コース情報
対象者
  • SharePoint と組み合わせてPower Automate を使い業務効率を向上させたいとお考えの方
  • 対象製品
    Office 365
    実施日数と時間
    1日 (10:00 - 17:30)
    提供形態
    講義 + ハンズオン 
    オープンコース
    定員 : 4名様まで | 参加費 : 70,000円 (税別 1名様当たり ※テキスト代含む)
    1社向け研修
    1社向け研修でも承ります。詳しくはお問合せください。