コースID : OH-O365-203

SharePoint 経験者向け SharePoint モダン チームサイト機能について学ぶワークショップ

SharePoint トレーニングのイメージ

SharePoint Onlineではクラシック UI とモダン UI と2つの見栄えが利用できるようになっています。しかし、単なる見た目の問題だけでなく機能差もあります。 Microsoft社は今後モダンUIのみに新機能を提供し、クラシックUIには新機能を投入しないことを明言しています。従来の見た目のままだと新機能が利用できず、 新しい "モダンUI" であれば新機能が使えるということであり、見た目を変えることは機能をアップグレードすることに他なりません。

オンプレミスからSharePoint Onlineに移行する予定もしくはすでに乗り換えたという方も多いでしょう。しかし、モダンUIについて、そもそも "モダンUI"の意味するところが きちんと理解できていなかったり、モダンUIの新機能がきちんと把握できていない方も多いのではないでしょうか?

本研修はワークショップという形をとり、皆さんが整理できていないであろうモダンUIに関わる情報をモダン チームサイトをベースに1日かけて 質疑応答や実機を操作して確認しながら、コンパクトに整理していきます。

なお、SharePoint ハブなどを使ったモダンポータルサイト構築については「OH-365-204 SharePoint Online モダンポータルサイトの設計・デザイン・展開ワークショップ」で扱っております。本コースの知識が前提となるため、 併せてご受講いただくことをお勧めいたします。

研修内容

弊社で用意する Office 365 環境を利用し実機演習も行います。

  1. SharePoint モダンUIの概要
    • モダンUIとクラシックUIの違い
    • コミュニケーション基盤(Yammer, Microsoft Teams, Outlook)とSharePointの関係
  2. Office 365 グループと SharePoint
    • Office 365 グループの概要
    • グループの作成
    • Microsoft Teams と SharePoint
    • 単独のSharePointサイトコレクションかOffice 365 グループか?
  3. Office 365 グループに接続されたSharePointサイト
    • サイトの画面構成
    • Webパーツ
    • サイトページとニュース投稿
    • ナビゲーション構成
    • アクセス権限の考え方
    • その他のSharePoint単独サイトとの機能差
  4. クラシックSharePointサイトをモダンUI化する手順
    • テナント構成の確認
    • リストやライブラリの切り替え
    • ページの切り替え
  5. モダンUIのリスト
    • モダンUI対応のリスト群
    • モダンUI対応のリストの基本操作
    • 別の機能に置き換えられるリスト
  6. モダンUIのドキュメント管理
    • モダンUI対応のドキュメント ライブラリの基本機能
    • プロパティ管理
  7. その他の管理
    • 利用状況レポート
    • 保持期限
    • 監査
    • SharePoint Hub
    • 既存サイトをOffice 365 グループに接続する
  8. カスタマイズ・開発の概要
    • 列の書式
    • PowerAppsとMicrosoft Flow
    • SharePoint Framework

※新機能の登場などにより、内容の一部は予告なく変更することもあります。あらかじめご了承ください。

コース情報
対象者
  • オンプレミスのSharePointサイトを利用してきた方(パワーユーザー、システム管理者、開発者)
  • SharePoint Online を使っているがクラシックUIしか使ったことがない方(パワーユーザー、システム管理者、開発者)
前提条件
SharePoint クラシックサイトのご利用経験があること
対象製品
Office 365 (SharePoint Online, Microsoft Teams)
実施日数と時間
1日 (10:00 - 17:30)
提供形態
講義 + ハンズオン(実機演習) 
オープンコース
定員 : 4名様まで | 参加費 : 70,000円 (税別 1名様当たり)
1社向け研修
1社向け研修でも承ります。詳しくはお問合せください。