Microsoft SharePoint Designer 2013 ワークフロー開発実践演習

旧コース名は「Microsoft SharePoint Server 2013 ワークフロー開発実践演習」です。

この研修では Office 365 に含まれる SharePoint Online およびオンプレミス環境の SharePoint Server 2016または2013上の SharePoint サイトに対して Microsoft SharePoint Designer 2013 を使ったワークフロー開発を行うためのスキルを身に着けます。SharePoint リストやライブラリを使った実践的なワークフロー開発手法が身につきます。 また、Microsoft InfoPath 2013 を使ったフォームカスタマイズ、マスターデータを格納するリスト作成 およびデータ参照、2段階承認、メール送信など、一般的なワークフローが 一通り開発できるよう 2日間かけて様々なパターンのワークフローを演習用の SharePoint環境に組み込んでいきます。
演習テキストは約200ページほどあり、実践的な内容になっています。1日目は半日講義しますが、1日目の後半から2日目は丸ごと演習を実施いただきます(注意点などの説明や疑問については適宜マンツーマンで講師が対応いたします)。

SharePointのワークフロー開発に関しては書籍もあまりないため、独学が難しいのが現状です。本研修で使用する演習ガイドは非常に貴重な情報源となるはずです。SharePoint Designer を使うことでどの程度の開発が可能であり、どのあたりが限界なのかを体験していただけます。

対象者 SharePoint サイト上でどういったワークフローを構築できるのかを把握したい方や実際に SharePoint Designer 2013 を使ってワークフロー開発を行う方が対象です。
対象製品
  • Office 365 (SharePoint Online)
  • Microsoft SharePoint Server 2016
  • Microsoft SharePoint Server 2013
受講者の前提条件 サイトの管理タスク(リストやライブラリの作成、列の作成、ビューの作成・編集、コンテンツ タイプの作成)ができる方が前提です。前提条件を満たしていない方は弊社の「SharePoint Server 2013 サイト管理基礎」研修をご受講ください。
実施日数の目安 2 日間
1日当たりの
実施時間
10:00 AM-17:00 PM (標準 6 時間)
提供形態 ハンズオン形式でのご提供です。一社向け研修、および少人数(4名様まで)のオープンコースとして承ります。
一社向け研修

定員 : 10名様まで
講師派遣費 : ¥500,000 〜 (税別) ※2日分
※金額は、講師派遣費用のみであり、レンタル マシンおよびテキスト代等は含んでおりません。詳細についてはお問い合わせください。

オープンコース

定員 : 4名様まで
参加費 : 120,000円(税別 1名様あたり)
※レンタル マシン、テキスト代を含みます。 >>>オープンコースの開催日程

備考

一社向け研修の場合は、他の研修コースとの組み合わせや本コースのカスタマイズについてもご相談を承ります。詳しくは直接お問い合わせください。

目次
テキストの内容
  1. SharePoint ワークフロー概要
    • SharePoint ワークフローの概要
    • SharePoint ワークフロー基盤
    • カスタム ワークフロー開発の概要
  2. SharePoint ワークフローの仕組み
    • ビルトインのワークフローの利用
    • ワークフローの構成要素
    • ワークフローの追加
    • ワークフローの開始
    • ワークフロー状況の確認
    • ワークフローの削除
    • ワークフローで利用する各種フォーム
  3. SharePoint Designer によるワークフロー開発
    • ワークフロー開発の概要
    • ワークフローの基本的な作成手順
    • ワークフロー ライブラリ
    • ワークフローのステージとステップ
    • タスク プロセス デザイナー
    • RESTサービスとの連携
演習内容

※業務でもすぐに役立つ演習内容となっており、P200ほどの画面ショット付きの手順書を使って演習を実施します。

  1. フィーチャーのアクティブ化
    • "ワークフロー" フィーチャーのアクティブ化
    • "ワークフローでアプリ権限を使える" フィーチャーのアクティブ化
  2. ビルトインのワークフローの利用
    • 承認 - SharePoint 2010 の利用
    • 廃棄承認
  3. 基本的な SharePoint 2010 ベースのワークフロー開発
    • 簡易的な採番ワークフロー
    • お知らせの自動メール送信フロー
    • メジャーバージョンの公開承認フロー
  4. 基本的な SharePoint 2013 ベースのワークフロー開発
    • 休暇申請ワークフロー(2段階の承認)
    • [オプション演習] リスト メニューのカスタマイズ
  5. SharePoint 2010 ベースのワークフローの高度なカスタマイズ
    • 購買申請ワークフロー(2段階の承認) ※ Microsoft InfoPath を使ったフォームのカスタマイズを含む
  6. SharePoint 2010 と SharePoint 2013 ベースのワークフローの相互運用
    • 見積申請ワークフロー(差し戻しのある 2段階ワークフロー)
  7. [オプション演習] REST Webサービス呼び出し
    • アプリステップの権限の変更
    • サイト コレクションのクォータ情報の定期的なレポート配信
    • サイトの自動作成
2016年12月16日更新