Microsoft SharePoint Server 2013 ソリューション開発基礎

オンプレミス環境のMicrosoft SharePoint Server 2013 に対して、C# や Visual Basic を使い機能拡張を行う際に必要となる基礎技術が身に付きます。

対象者 Visual Studio を使って.NETベースでアプリケーション開発を経験されたことのある方で、 これから SharePoint 上でソリューション開発について学ぶ必要がある方が対象です。SharePoint の基本的な管理ができることを前提としています。Office 365 上で動作する「SharePoint アプリ開発」を行う開発者の方は「Microsoft SharePoint 2013 クライアント サイド開発入門」および「Microsoft SharePoint 2013 アプリ開発」をご受講ください。
実施日数の目安 2 日間
1日当たりの
実施時間
10:00 AM-17:00 PM (標準 6 時間)
提供形態 ハンズオン形式でのご提供です。一社様向け研修および 4名様までの少人数オーブンコースとして承ります。オープンコースは、複数の企業から参加できる集合研修です。
一社向け研修

定員 : 10名様まで
講師派遣費 : ¥500,000 〜 (税別) ※2日分
※金額は、講師派遣費用のみであり、レンタル マシンおよびテキスト代等は含んでおりません。詳細についてはお問い合わせください。

オープンコース

定員 : 4名様まで
参加費 : 120,000円(税別 1名様あたり)
※レンタル マシン、テキスト代を含みます。 >>>オープンコースの開催日程

備考

カスタマイズ研修については、直接お問い合わせください。

目次

テキストの目次は次の通りです。

  1. ソリューション開発の基礎
    • 開発環境
      • SharePoint プラットフォーム
      • 開発環境の構築
      • Visual Studio 2012 / 2013
    • 開発アプローチ
      • ファーム ソリューション
      • サンドボックス ソリューション
      • SharePoint アプリ
      • 開発の基本方針
    • 主なデータアクセス テクノロジー
      • サーバーサイド オブジェクト モデル
      • クライアント サイド オブジェクト モデル
      • REST / OData エントリポイント
    • 宣言型コンポーネント
    • SharePoint ルートディレクトリとコンテンツ データベース
      • 仮想パス プロバイダー
      • アプリケーション ページ
    • IISサイトとアプリケーション プール
    • フィーチャー フレームワーク
      • 適用範囲 (スコープ)
      • フィーチャーの構成要素
      • フィーチャーのインストールとアクティブ化
    • ソリューション フレームワーク
      • ソリューション パッケージの作成
      • ソリューションの追加
    • 開発者ダッシュボード
      • ダッシュボードの有効化
    • 開発時の考慮点
      • アイテム数およびアクセス権限の制限
      • サイト コレクションのサイズ
      • 動作テストに使用するアカウント
  2. ユーザーインタフェイス カスタマイズの基礎
    • カスタム アクション
      • CustomAction
      • CustomActionGroup
      • HideCustomAction
  3. サイト定義とWebテンプレート
    • サイト定義
    • Webテンプレート
      • サイト定義とWebテンプレートの違い
  4. サーバー サイド開発
    • 概要
    • コンテンツ管理に必要な主なクラス
      • 主なクラス
      • 主なアセンブリと名前空間
      • サイト コレクション
      • サイト
      • Dispose可能な SharePointオブジェクト
      • リスト
      • ドキュメント ライブラリ
      • データ クエリー
      • ユーザー情報の取得
      • アクセス許可レベル
    • 例外処理
    • Visual Studio を使ったパッケージ化と展開
    • パッケージ化と展開
    • Webパーツ
      • Webパーツ マネージャー
      • Webパーツの基本的な開発プロセス
      • カスタム プロパティ
      • 視覚的Webパーツ
    • カスタム フィールド型
    • リスト定義
      • Elementマニフェスト ファイル
      • Schema.xml
    • イベント レシーバー
      • Beforeイベント
      • Afterイベント
      • イベント ハンドラ―の作成
    • カスタム タイマージョブ
      • 展開手順の概要

主な演習内容は次の通りです。演習は弊社で作成した演習ガイドに従って行います。その他、後で復習できるようJavaScript 等のサンプルスクリプトなどもご提供します。

  1. 基本的なフィーチャーの展開方法(CustomActionを使ったメニューの追加、非表示)
  2. アプリケーション ページの作成
  3. 開発者ダッシュボードの利用
  4. サーバーサイド オブジェクトモデルの基本的な使い方
  5. LINQ to SharePointの利用
  6. Webパーツ開発1 (単純なHTMLの表示、カスタム プロパティの実装、SharePoint リストデータの取得、EditorPart の利用)
  7. Webパーツ開発2 (視覚的Webパーツを使ったデータベース連携)
  8. イベント レシーバー開発
  9. カスタム タイマージョブ開発
2015年6月24日更新
※内容については予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
Topに戻る